FC2ブログ

nora3d

3dモデリングしたり絵を描いたりしてます。たまにプログラミングしてます。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blender D-Noiseアドオン レンダリング画像でもテクスチャでもノイズ除去できるアドオン

blenderコメント(0) トラックバック(0)



Remington Graphicsによって公開されているBlenderのD-Noiseアドオンを試してみました。
以下URLからダウンロードできます。
https://remingtongraphics.net/tools/d-noise/


インストール


他のアドオン同様、ファイル→ユーザー設定→アドオンから、ダウンロードしてきたD-Noiseを選択します。
インストールには数秒かかります。インストール完了後、D-Noiseの左側のチェックをONにする。
D-Noiseプラグインの左の三角形を押してD-Noiseの詳細を開く。
Install OptiX Binariesボタンを押す。243MBのデータをダウンロードするので環境によって時間がかかります。
ダウンロードが完了したらユーザー設定の保存を押してユーザー設定ウィンドウを閉じます。


簡単な使い方


適当なシーンをレンダリングして下さい。
レンダリング画面右下に「Quick D-Noise」というボタンがあるので、それを押します。

DNoise2.jpg

画像のサイズによってノイズ除去に掛かる時間が異なりますので数秒お待ち下さい。
公式サイトによると1920X1084の画像で2.54秒かかるのだそうです。

D-Noiseの効果の有効化・無効化を切り替えるにはQuick D-Noiseボタンの右側にある小さな目のアイコンのボタンを押すことで切り替えられます。


感想


フォトショップのフィルターにある「ノイズの軽減」と比べてどうなんでしょう?
わざわざフォトショップ開かなくてもBlenderだけでフィルタを入れられるのは便利になったと喜べばいいのだろうか。


ダウンロード


ダウンロードはこちらから
D-Noise

リンク先画面右側にGet D-Noiseという枠があり、その中に2.79用と2.80用のダウンロードリンクがあります。
スポンサーサイト

久しぶりにPIXIVに投稿しました

日記トラックバック(0)

久しぶりにPIXIVに自作モデルのレンダリング画像を投稿しました。

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=72899114

体調を崩したり歯の治療をしたり色々あってモデリング作業はしばらくお休みしていましたが、久しぶりにモデリングソフトを触ってみたら意外にも忘れてなくて普通に操作できました。
ただ、レンダリング設定とか細かいことは大分忘れているみたいで、品質の高い作品を作るには少し頑張らなくてはいけなさそうです。
更にPixivのブログパーツ機能が終わったみたいで画像をブログに貼り付けることができなくなっていた。
これはPixivだけじゃなくてFC2ブログの方にも画像をアップロードして対応するしかないのだろうか。

古いCintiqがひたすらかさばるので一度倉庫に退避させたのですが、それ以来一年ぐらい使わなくなってしまったので、もう一度倉庫から引っ張り出して来ました。
最近のCintiqならこんなにかさばらずに済むのでしょうか。それに画面の明るさや色の表現も気になる。
パソコンを買い替えたばかりで出費が酷いことになってるけれど、やはりCintiqの買い替えも検討するべきかもしれない。

今から3Dを始める人にBlenderをオススメする理由

blenderトラックバック(0)

BlenderのUIは酷いのか



もしも10年前に初心者にBlenderをオススメしたら、悪人呼ばわりされてました。
あんなとっつきにくいUIのソフトを初心者に使わせたら99%返り討ちにあって二度と3Dの世界に戻って来てくれない、と。
昔から染み付いた印象というのはなかなか拭えないものなのか、今でもBlenderのUIは酷いと言われ続けている。
けれど、現代のBlenderは当時よりも大幅に進化していてUIは設定で改善できるし、日本語化だって簡単にできる。
3DsMaxやMayaのユーザーなら使い勝手そのままにBlenderに移行できる・・・とは流石に言えないけれど、ショートカットの使い勝手はそのままにUIだけ覚えていけばBlenderを比較的簡単にマスターできるはず。



無題(1)

チュートリアルライブラリがあるので初心者はそれを見ながら始めることができる。Youtubeのオンラインチュートリアルも豊富。なにより高度な機能が備わったこのソフトを、惑星最高の3Dソフトだという人もいます。



Blender推し



なんでこんなにBlenderを推したがるのかというと、それは初心者がはじめに覚える3Dソフトというのはすごく大事なモノだと思うからです。
一度その3Dソフトを覚えたら、なかなか別のソフトに移行できるものではないから。
私が初めて覚えた3Dモデリングソフトはメタセコイアというソフトでした。
基本無料だけど、高度な機能を使いたかったら5000円課金してくださいというスタイルのソフトです。
メタセコイアの何が良かったのかというと使い方が凄まじく簡単だったということです。
初心者が説明書を読まずに30分ぐらい触ってたらなんとなく使えてしまう。と言われるぐらい簡単なソフトです。
しかし、良くも悪くもメタセコイアが使いやすかったために私は別のソフトへの移行に手間取りました。
他のソフトを使おうと思っても、こんなに大変ならメタセコイアでいいじゃないか!と考えて、ついついメタセコイアに逃げ帰ってきてしまう。
まるでかつて陸に上ったクジラがやっぱ海の方がいいから海に帰ると言わんばかりに。


humpback-whale-1209297_1920(1).jpg

3D関係のある人には統合ソフトに移行したほうがいいと何度も言われたのに私は逃げ回っていました。

しかし、時代が進み私にアドバイスをくださっていたその人が使っていた統合ソフトの開発が終了しました。

そのソフトを開発していた会社は別ソフトに移行して下さいね。と公式にアナウンスしている。

だというのにその人は以前から使い続けていたソフトにこだわっているのか別のソフトに移行しようとしない。愛のなせる業なのか単純に別のソフトに移行するのが難しいのか。



誰でも感じることだと思います。前に使っていたソフトならこれができるのに、アレができるのに、あのやり方はこっちのソフトではどうやるのだろう?インターネットで調べなくちゃいけない。インターネットで調べる手間がめんどくさいからもういっその事このソフトを諦めて前のソフトに戻るか。とか。



なんだかんだで3Dソフトは覚えるのが大変だと思います。多分2Dソフトを覚えるのに比べて100倍ぐらい難しいと思う。

だからこんな苦痛を味わうぐらいなら初めからBlenderを使った方がいい、と私は考えます。

新しいパソコンの初期設定に戸惑う

日記トラックバック(0)

最新のパソコンの世界に少しずつ追いついていけなくなってきた。
起動した直後に回復ドライブの作成を推奨される。
そう言えば、取説の表紙にでかでかと回復ドライブを作成しましょうと書かれていた。
さっさとやってしまおうと思って説明書を見たらUSB2.0フラッシュメモリ32GBをおすすめされた。
え?なんで?リカバリディスクでしょ??DVD-Rじゃ駄目なの?
と思ったけれど、考えてみればDVD-Rの容量は4.7GBしかない。
今の時代のパソコンのリカバリディスクにはDVD-Rでは容量が足りないのかもしれない。
HDD=大きい DVD-R=中ぐらい USBフラッシュメモリ=小さい という印象が頭の中に染み付いているので、すごい違和感です。
まさかUSBフラッシュメモリをリカバリディスクにする時代が来るとは思わなかった。


無線LAN導入し忘れ
最近はどこにいっても無線LANが当たり前だから最近のパソコンなら当然無線LANアダプタも内蔵されているだろうとタカをくくっていたのだけど、このデスクトップマシンには有線LANアダプタは付いていても無線LANアダプタが付いていなかった。
この辺りは昔とあまり変わっていないのか・・・。
PC機器コンテナを漁ってみたらいつの時代のものか分からないUSB接続タイプの無線LAN子機が出てきたけれど、こんな骨董品を接続したらセキュリティがやばそうだったのでさすがに最新式のマシンに接続する気になれなかった。
結局無線LAN子機だけ別途購入することになった。

八年ぶりにデスクトップパソコンを購入しました

日記トラックバック(0)

八年ぶりにデスクトップパソコンを購入しました。
以前デスクトップマシンを作ったのが2011年1月のことでしたから、ずいぶん長い付き合いをしました。
分かりやすく自作2011号という名前をつけて苦楽を共にしてきましたがとうとう性能の限界を迎え、買い替えねばならないことになりました。
もちろん買ったときのまま使い続けられたわけではなく、故障箇所が出たらパーツを取り替えたり、性能改善の為にグラボを取り替えたり、CPUグリスの塗り替えも2回もやりました。
自作2011号はこれからもサブPCとして現役で活躍してもらうつもりです。

今回も自作しようかと思っていたのですが、パーツの相性が出たら大変だし、組み立ても結構重労働なのでドスパラで性能をカスタマイズして買えるパソコンを購入しました。
この数年間、Youtubeやニコニコ動画に動画を投稿したかったのですが、パソコンの性能が足りなくて動画編集どころか撮影すらできなくて、我慢し続けていたので、その反動なのか結構な性能のマシンを購入してしまいました。
今まではミドルクラスのパソコンしか作りませんでしたが、今回はミドルクラスとハイエンドクラスの中間ぐらい。
特に、電源やCPUクーラーなど、数字ではわかりにくいところに力を入れました。パソコンのことを調べてみると電源はパソコンの心臓であり、最も重要なパーツということらしいので特に良いものを選びました。
またCPUクーラーについても、自作2011号が夏に熱暴走で二回もダウンした経験があるので水冷式の良いクーラーを入れました。

気合を入れて購入したので新しいパソコンとはもっと長い付き合いになりそうです。
さて、新しいパソコンの名前は何にしようかな・・・?

3dモデリングしたり絵を描いたりしてます。たまにプログラミングしてます。

blog ranking
にほんブログ村 イラストブログへ
google
profile

nora3d

Author:nora3d
blenderメインの3Dモデラーです。
使ってるソフトとハード
blender 2.8
SAI
CLIP STUDIO PAINT EX
Wacom Cintiq
ハーマンミラー・アーロンチェア
だいぶ前に作った自作パソコン

カテゴリ
リンク
recent post
Counter
 

Copyright ©nora3d. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。